カテゴリ:未分類( 132 )

名古屋のお菓子撒きのこと

e0288347_7572031.jpg

<2007 愛知県佐屋町>


愛知岐阜の地域では、花嫁さんが出るときや、家に入るときに
菓子撒きという行事が行われています。
今ではかなり少なくなりましたが。

愛知岐阜でも木曽川流域の地域が盛んでした。

もともとは花嫁菓子が変化したものと言われています。
花嫁さんが家を出るときや、新郎家に入るとき、
集まった人たちがその行く手を通せんぼする儀礼がありました。
それでお菓子を配って道を開けてもらうのですが、
起源はわかりませんが、この地方では屋根からお菓子を撒くようになったのです。

さて、
お菓子撒きをするにあたり
どれくらいの費用
どれくらいのお菓子を準備したら良いのでしょう?

目安として試算してみたいと思います。

お菓子撒きに参加した自分の経験で言うと
5分で終わるお菓子撒きは、「え、もうないの?」という残念な気分になります。
15分つづくと、「え、まだあるのこの家すごい!」となります。
中間をとって、10分間撒き続ける場合を計算してみましょう。

まず、撒く人は3人とします。
お菓子はすべてコアラのマーチ、1コ100円で計算しやすいから。
一人が両手で6コ持って、10秒間に三回投げると仮定します。

一人が1分間で108コ撒きます。
三人で1分間で324コ
10分間で3240コ
すると、32万4000円かかる計算です。

実際には、撒く人も疲れるのでそんなに撒くことが出来なくて
問屋から購入するのでもう少し単価が下がって
いろいろな駄菓子を混ぜて撒くことが多いので
(箱物はカドが当たると痛いので敬遠されます コアラのマーチは六角形だからOK)
もっと予算的には低くなると思います。
おおよその目安にして下さい。

名古屋だと明道町の菓子問屋街で用意する人が多いみたいで
お店の人も詳しいと思うので聞いてみて下さいね。

どのくらい人が集まるかでも撒く量は大きく変わってきます。
100人に3000コだと一人30コ
10人に3000コだと一人300コですから。

集まる人数からお菓子の量を計算すると
かなり少なくなって、少し物足りないことになることが多いみたいです。

菓子撒きをするにあたり
前々から町内に声をかけて集まってもらうようにしておきます。
撒く場所も考えないといけません。
撒く人の人選も必要です。
撒き手の他に、うしろで次の段ボールを準備するお手伝いの人も必要です。
100コ入りの段ボールが32箱になりますから。

自分が過去に経験した菓子撒きは、20〜100人くらいでした。
人数が多いと大変盛り上がりますが、おばちゃんたちが争奪戦を繰り広げ険悪になるときも(笑)
少ないと顔見知りばかりで和やかな感じです。

人数に関係なく撒きはじめると、勝手に盛り上がります。














エキサイトブログの企画の中で記事を書かせていただきました。
良かったら見て下さいね。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com


自宅での家族前撮り
 自宅前撮り・結婚式


嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2016-01-06 08:15

スマフォに対応した新しいサイト

e0288347_1123280.jpg


もうひとつの結婚式
スマートフォンで見やすくした新しいサイトを作りました。
まだ、詳細なことまで作っていませんが
これまで撮影したサンプルを大幅に見やすくしました。

→もうひとつの結婚式 モバイルサイト




エキサイトブログの企画の中で記事を書かせていただきました。
良かったら見て下さいね。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com


自宅での家族前撮り
 自宅前撮り・結婚式


嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2016-01-05 11:06

もうひとつの結婚式

私は結婚式を撮影するカメラマンとして
ずっと仕事をしてきました。
e0288347_19085722.jpg


結婚式を撮影するカメラマンは
いわゆるブライダル業界という部分に入ります。
e0288347_19085767.jpg

でもブライダル業界というのは
結婚のごく一部分を特殊な形で伝えているにすぎません。
それ以前に自分たちが元から持っている文化があります。
e0288347_19085724.jpg

文化という言葉にすると難しいけど
ようするに、普段の生活様式です。

たとえば、初詣行くのに理由はいらないでしょ?
それが生活様式です。
e0288347_19222512.jpg

現在のブライダル業界を否定するわけではありません。
それとは別に自分たちの生活の中から自然に生まれてくる結婚式があるのではないかと思うのです。

それが私が考えているもうひとつの結婚式です。










Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.名古屋和装前撮りロケーションフォト

三澤武彦写真事務所・白無垢和装ロケのページへ






自宅での家族前撮り
 自宅前撮り・結婚式
[PR]
by maedori_nagoya | 2015-12-22 19:26

キャラクターとストーリー

e0288347_08080906.jpg
NHKプロフェッショナル仕事の流儀の中で漫画家の井上雄彦さんのことをやっていた。
スラムダンクやバカボンドなどの作者、今、漫画界を代表する人。

その中で、ストーリーが先か、キャラクターが先か、という話がでた。
お話しを先に作るか、登場人物を先に作るかという話だ。

井上氏いわく
「絶対、キャラクターが先。キャラクターがちゃんとあればストーリーはおのずと出来てゆく。」

結婚式の仕事に長年かかわってきて
まさに自分が抱いていた疑問はそこなのだと感じた。

結婚式場やホテル、結婚式の業界から提供される結婚式はストーリーから作ってしまう。
先に筋書きがあると言うことだ。

それがどうしていけないのだろうか?

井上氏はこんな事を言っていた
「ストーリーから作ると、登場人物はただの決められた役を演じる人形になってしまう。
誰が演技しても一緒、そういうマンガは魅力的にならない。」

結婚式のやらされ感というのはこういう部分から出ているのだろう。

登場人物のキャラクターとは
その状況に出くわしたら、その人はどう感じ、どういう行動をとるか
ということだ。その行動がストーリーになってゆく。
わかりやすくいうと本音の行動だ。

わたしもそんな、キャラクターから先に出来る結婚式がいいなあ。
いつもそんなことを考えて撮影している。

そして、実際ご実家に行ってみると
「家」そのものにもキャラクターがあることに気付いたりするんです。

e0288347_051078.jpg

<2015 石川県羽咋郡>





エキサイトブログの企画の中で記事を書かせていただきました。
良かったら見て下さいね。




[PR]
by maedori_nagoya | 2015-12-21 12:00

結婚式にまつわる茶話会  無料

e0288347_713914.jpg


普通に結婚式のことをお話ししましょう。

撮影の依頼があると、その見学や打ち合わせで
いろいろなカップルさんとお話ししています。

お客さんと業者という立場ですが
話しているボクも訪れた二人もそこからヒントを見つけることが多かったりします。

だったらもう仕事や立場、営業ぬきに
のんびりお茶飲みながら、結婚式にまつわるよもやまばなしをしてみたいな。
お互い何かヒントが見つかるかも知れません。
そういう茶話会です。

毎月第一水曜日営業 カフェ三澤家



エキサイトブログの企画の中で記事を書かせていただきました。
良かったら見て下さいね。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2015-12-20 07:15

日本の結婚式の歴史 【大正元年の結婚のガイドブック】

e0288347_529651.jpg

e0288347_529758.jpg

<国立国会図書館デジタルデータベースより出典>

大正元年の結婚式のガイドブックです。
関東大震災以前なので、東京にまだ婚礼文化が残っていた頃です。

私のサイトで一番アクセスが多いのは結婚式の歴史のページです。
訪れる人の何割かは、昔の結婚式が本物だと思って調べているみたいです。



序文を少し自分で読み下してみました。
--------------------------------------------------------------------------

結婚式は、人にとって重大な儀式なので、つつしんでこれを行い
心残りにならないように注意するべきです。
でも最近の我国の礼法作法はとても乱れ、
その中でも婚礼は、その段取りや方法は一定の標準なくなってきています。
昔からいろいろな儀式礼法はあるのですが、
多くは武家の儀式であり、いにしえの優雅なる儀式ではありません。
またその儀式もとても大がかりで準備が大変で、費用もかさむため、
今日では上流社会の一部でまれに行われるのみです。
一般民間ではそう簡単にそこまでできません。
その上、欧米各国の風俗や作法が伝わり、婚礼をめぐる環境はさらに
とても迷いやすい悩みやすいモノになってきました・・・つづく


--------------------------------------------------------------------------

へえ、
この時点ですでに乱れていると感じられていたのですね。
結婚式は昔から、とても流行に左右されやすいモノだったんでしょうね。

武家の作法は優雅じゃないみたい。
というか、
形だけマネしても何故そうなったか、それをするのか
本質見失っちゃうからダメなんだろうなあ。








Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2015-12-10 05:36

日本の結婚式の歴史 【東西の文化差】

e0288347_227976.jpg

<2014 愛知県名古屋市 かつて婚礼はたそがれどきにはじまりました>


名古屋という関西と関東の間の土地に住んでいると
いろいろ東西の文化の差というモノを感じます。

結婚式もやはり東西の文化差があります。
これだけ情報が進んでくると日本中が混ざりあって
どこでも同じような結婚式が行われている気もしますが
撮影であちこちに行くと
やっぱり根底からの違いがあることに気付きます。

簡単に言うと
関東の結婚式は<産業>として考え
西日本の結婚式は<自分たち文化>として受け止めています。
(東日本としなかったのは、東京から離れるほど独自文化があったりするからです)

なので東京の結婚式関係者は次の流行を作ろうと頭をひねります、産業だから。
ブライダル業界ウエディング業界の流行は東京からやってきます。
新しいモノを作っちゃうから。

なぜ東京が産業になってしまったかというと
簡単に言うと
関東大震災と戦争の空襲です。
昔からの家がなくなり、古い人が離散してもともとの婚礼文化がほぼ消滅してしまいました。

産業として結婚式を考えると
わたしなどはうんざりしてしまいます。
何もかもお金に換算されて、
何か大事なことを忘れているような気がします。








Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2015-12-08 02:34

アルバム

60年前のアルバム
撮影に行った先々で、昔のアルバムを見せてもらっています。
おばあちゃんの結婚式は昭和29年。
見せてくださいとお願いしたら、ものの2分くらいで持ってきてくれました。
いつも見れるところに置いてあったんだろうな。
e0288347_0221289.jpg

e0288347_0205878.jpg

紙の台紙に白黒写真。
アルバムから醸し出される雰囲気がたまらなく私好みのアルバムでした。

こんなアルバムを作ってみたいなあ。

見せていただく多くのアルバムは透明のシートをかぶせるタイプで
当時の定番だったのですが、数十年経つとシートが黄色くなってきたり
硬化して割れてしまったり、少し残念な感じになってしまいます。
その後のラミネートを使ったアルバムや
デジタルのアルバムは、ほとんどいたみもないのですが
どこかファミレスのメニューのような印象が残ります。

おばあちゃんの布と紙で出来た写真を貼るだけのアルバムは
年数とともにいたみもあるのですが、それもそのまま思い出になっている気がしました。

現在あるいろいろなアルバムを捜したのですが
こんなアルバムはもうどこにもありません。
海外のものに良い雰囲気の貼るタイプのアルバムもあるのですが
どちらかというと豪華路線に行っているように感じます。

こうなったら自分で作るしかないと
アルバムを作り始めました。

e0288347_032990.jpg


紙はいろいろな厚さと風合いのものを試しました。
あまりテクスチャーがありすぎると、写真とのバランスが悪くなります。
なのでこの紙を最終的に選びました。
二色の台紙を使って写真に合わせて織り交ぜています。

e0288347_0344966.jpg


表紙は市販のものを使っています。
KOLOというメーカーのアルバムです。
それに自分で選んだ紙で台紙を作って入れてみました。

KOLOの表紙の布の風合いと色合いがとても気に入っています。

e0288347_0375862.jpg


e0288347_0413667.jpg


このアルバムにL版とキャビネの二種類のサイズのプリントを組みあせて作っています。
最初はもっといろいろなサイズのプリントもしたのですが、
写真を並べて貼っていると、サイズが多すぎると
アルバム全体がうるさい感じなってしまったので
現在はキャビネは1枚、Lは2枚を基本に貼っています。

e0288347_0415671.jpg


布と紙で出来たアルバム。
年とともに汚れたりよれたりするかもしれないけど
50年100年大事に見てもらえたら、
写真屋として最高に幸せです。










Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2015-09-20 00:44

シンデレラ•リセット

結婚式産業が唱えている結婚式のイメージ

いろいろ考えてみると
結婚産業が唱えている結婚式のイメージというのは
ディズニー映画のシンデレラに行き当たるんじゃないかと思うんです。

e0288347_6324443.jpg

「シンデレラ 1950 ディズニー映画」<著作権の問題があるので自分でスケッチしました>


1950年という昭和25年。
日本はまだ戦後のドタバタが続いている頃にこのレベルの映画を作れるなんて
ウォルト•ディズニーはホントにすごいなあと思うんだけど

ここで描かれている結婚観というのは、

人生のリセット
過去からの脱出


おとぎ話だからそういうことになるんだと思います。

それをそのまま結婚式のイメージにしているから

結婚式=非現実•非日常

という結婚式イメージを結婚式産業は唱えてきたのでしょう。




でもさ
実際の結婚•結婚式って、そんなことないよね?
自分の結婚式産業に対する違和感は、それが原因だと思います。








じゃ、実際の結婚式で
今までカメラマンとしてたくさんの結婚式を見てきて
その現場では、本当は何が起こっているかというと

e0288347_12405780.jpg




自分たちのつながりの再確認

が、行われているのだと思います。
良い結婚式だと感じる結婚式ほど。そうでした。

絵に描いたおとぎ話のような非現実ではなくて
そこには日常の延長線にある超•日常がありました。

e0288347_19135530.jpg



わたしのしている「もうひとつの結婚式」はそんな超日常の部分を扱っています。
あくまで日常の延長線です。






Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り



[PR]
by maedori_nagoya | 2015-09-16 06:52

e0288347_945429.png

<2015 愛知県名古屋市>


女おんな偏に、昏たそがれと書いて
「婚」という字になります。

結婚が女のたそがれと言う意味ではなくて
昔、婚姻はたそがれ時に行われるものだったからです。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトmisawa-world.com

嫁入り再現花嫁支度自宅前撮り

[PR]
by maedori_nagoya | 2015-09-08 09:08


自宅で花嫁支度をする家族写真の記録。写真を撮る人・三澤武彦


by maedori_nagoya

タグ

カテゴリ

全体
ウエディング用語集
未分類

最新の記事

名古屋のお菓子撒きのこと
at 2016-01-06 08:15
スマフォに対応した新しいサイト
at 2016-01-05 11:06
もうひとつの結婚式
at 2015-12-22 19:26
キャラクターとストーリー
at 2015-12-21 12:00
結婚式にまつわる茶話会  無料
at 2015-12-20 07:15
日本の結婚式の歴史 【大正元..
at 2015-12-10 05:36
日本の結婚式の歴史 【東西の..
at 2015-12-08 02:34
アルバム
at 2015-09-20 00:44
シンデレラ•リセット
at 2015-09-16 06:52
at 2015-09-08 09:08
歴史を知る事は
at 2015-07-27 00:08
地域の文化
at 2015-07-21 19:00
もうひとつの結婚式
at 2015-07-21 10:35

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

584 films
神楽坂で働いた元社長の言...
Phococoro*
「三澤家は今・・・」 
ホノカナ日記 & 事務所...
オモイデ ホロホロ
残しておきたいこと
名古屋発 前撮りロケーシ...

外部リンク

メモ帳

このブログの作者

三澤家は今 三澤武彦 三沢武彦 みさわたけひこ
結婚式前撮り ロケーションフォト 名古屋
結婚写真名古屋
メールフォーム
予定表




自宅前撮り名古屋
 自宅前撮り・結婚式




楽しい前撮りロケ
 名古屋発 前撮りローションフォト



日本の結婚式の歴史
 コラム|新・日本の結婚式の歴史






名古屋和装前撮りロケフォト

  自宅で和装の前撮りロケ



家族写真の出張撮影






メッセージをいただければ、
お友達リクエストの承認をしています。

猫写真ブログ


コンタックスプラナー


ライフログ

記事ランキング

その他のジャンル

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧